クリティアの美味しさの秘密

ウォーターサーバーのクリティア

日本人の味覚に合う、硬度25度という軟水。

日本の水はほとんどが軟水で、日本人は昔から軟水に親しんできました。また、軟水が日本の食文化を育んできたといっても過言ではないでしょう。軟水は、和食独特の「旨み」を引き出してくれるのです。

一般的には硬度100度以下を軟水といいますが、中でも、「硬度25度」が、日本人の味覚に合うと言われています。
まろやかで優しい舌触りで、そのまま飲むのはもちろん、炊飯やコーヒー、だし汁などに使用しても、味を引き立てると評判です。

私たち日本人が、クリティアの水をおいしいと感じる理由、そのひとつは、硬度25度なのです。

自然の酸素と炭酸が含まれる水、
それを壊さないための非加熱という選択。

クリティアの水には、酸素と炭酸ガスがほどよく含まれています。
酸素は、水の味をまろやかにします。
炭酸ガスは、適度に含まれると水にさわやかな味を与えます。多すぎるとまろやかさを失い、少なすぎると気が抜けた味となりまbackgrす。
もともと、自然の水には含まれている酸素や炭酸ガスですが、飲料水として加熱処理する過程で多くは失われてしまいます。

クリティアは、自然の恵みをそのままお届けするために、非加熱処理で安全な飲料水として提供することを実現しました。

飲料水は通常、加熱処理が義務付けられており、クリティアが非加熱でご提供できるのは、原水が最高水準の清浄度であることと、徹底した品質管理のための設備を有しているからです。

“おいしい”を支える、亜鉛

亜鉛10μg

私たちが“おいしい”と感じる味覚細胞は、短い周期で新しく生まれ変わっています。亜鉛が不足すると細胞が生まれ変われなくなってしまい、味覚障害を引き起こすことがわかっています。また、最近この味覚障害になる人が増えているそうです。

おいしいものを“おいしい”と感じるために欠かせない、亜鉛。
クリティアには、亜鉛もバランス良く含まれています。

結晶の美しさが、水の美味しさです。

自然のままの美しさを保つクリティア25は、
その結晶までが美しく、整った形をしています。
微細な差に思われるかもしれませんが、
これが味や口当たりに明らかな違いをもたらします。

また、汚染された水は、その結晶が崩れているとされ、
浄水器などで綺麗にしても元には戻りません。

クリティアは、美しい結晶を持つ富士の銘水をそのまま密封し、ご自宅までお届けします。

ショッピングガイド

お支払い方法

【クレジットカード】

【口座振替】

※口座振替の場合、初回お届け時のみ代引きによるお支払いをお願いします。 2回目以降のお届けは、初回に同封する口座振替依頼書をご返送いただいてからの 発送となります。

送料・配送先

配送料は無料になります。

沖縄、離島はサービス対象外です。
北海道は、送料630円で宅配させていただきます。

サイト運営者情報